カテゴリー
Sin categoría

米国、スペインの動乱時代の主要エネルギー供給国

ウクライナにおけるロシアの侵攻によるエネルギー危機と地政学的な状況のなか、米国はスペインにとって重要なエネルギー供給国となっています。昨年、米国はスペイン史上最大の石油供給国になり、液化天然ガス(LNG)の主要供給国としても地位を確立しました。

フラッキングと呼ばれる石油とガスの生産を増やすための技術には環境への懸念がありますが、米国はこの技術によって生産を増やし、一方で欧州では大部分が禁止されています。スペインはフラッキングに関連する新たな見込み許可を禁止しましたが、この技術によって数千キロメートル離れた場所で得られた大量の炭化水素を輸入しています。

米国のエネルギー供給国としての役割は、ヨーロッパ全体が新たなエネルギー供給国を見つける必要があるという過去2年間においてさらに重要になっています。2022年には、米国がスペイン市場でナイジェリアを上回り、主要な石油供給国となりました。また、スペインの企業は北米、中米、南米の供給国も探し、原油輸入を確保しています。

ガス供給に関しては、米国はスペインのエネルギー危機時に重要な役割を果たしてきました。アルジェリアが両国を結ぶパイプラインによって最大のガス供給国に返り咲いた一方、米国はLNGの最大の販売国としての地位を維持しています。購入量は減少しましたが、昨年のスペインのガス輸入全体の21%は米国からのものでした。

スペインはガス再販の重要なグローバルセンターとしての地位を確立しており、これはエネルギー部門の歴史的な動揺とロシアのウクライナ侵攻による地政学的な地震のなかで重要な役割を果たしています。スペインからのガス再輸出は歴史的な最高水準に達し、スペインは世界最大の非生産者ガス販売国になりました。

欧州連合はロシアに対し経済制裁や貿易制限を課していますが、ロシアからのガス輸入はスペインで増加し続けています。対照的に、2022年の中頃以降、スペインには正式にはロシアからの石油輸入はありません。

結論として、米国はエネルギー危機と複雑な地政学的な状況のなかでスペインの重要なエネルギー同盟国となっています。米国はフラッキングによる石油とガスの生産を増やす能力を示し、信頼できるLNGの供給国となっています。これらのエネルギー同盟はスペインのエネルギー供給を確保し、ロシアからの依存度を減らすために重要です。

よくある質問: